法人会 会員管理システム

システム概要

クラウド化された全法連「法人会 会員管理システム」のデータを読み込んで活用するためのシステムを作成いたしました。
ダウンロードしたデータを扱いますのでストレスなくデータ処理することができます。

WS000019

法人会とは

昭和22年(1947年)4月に法人税もそれまでの賦課課税制度から申告納税制度に移行しました。しかし、当時の社会経済状態からも、経営者が難解な税法を理解して、自主申告できるか危惧されました。
このため、申告納税制度の定着には納税者自身が団体を結成し、帳簿の整備、税知識の普及などを図る必要性が生じ、企業の間から自発的に法人会が誕生しました。
(法人会ホームページより)

 

ダウンロードファイルの読込み

法人会業務管理システムよりダウンロードした会員名簿データと請求差込データを読み込みます。

(※読込み速度は、5秒程度)

対応するファイルの種類は、「会員名簿テータ」と「請求差込データ」の2種類です。

PC9_3593

 

法人会員台帳画面

PC9_3594
あて名印刷は、タックシールラベル(12枚)/長形4号(小型封筒)/角形2号(大型封筒)などに対応しています。
独自に作成したレポート定義は、自動的に印刷メニューに表示されます。

 

封筒宛名書きサンプル

PC9_3595

 

▼請求書サンプル(B4版:取扱払込票付)

PC9_3596

 

▼請求書サンプル(A4版:取扱払込票付)

20150219_2

法人会 会員管理システムは、こちらからダウンロードしてください。

bt01_on

 

 

法人会会員システムのお問い合わせは、下記へご連絡ください。

PC9_3598

 

この記事がお役に立ちましたら、はてなブックマーク等で共有して頂けると、うれしく投稿のはげみになります。↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)