共有シート|エクセルファイルを複数のユーザーで編集するためのソフト

エクセル,ファイル共有
エクセルファイルを複数のユーザーで編集するには?

エクセルファイルを共有フォルダにおけば、複数のユーザーが同時に閲覧することはできます。

通常、共有設定がなされていない場合が多いので、「読み取り専用」のメッセージなどがでます。

共有設定がなされていれば、複数ユーザーによる編集は可能です。

しかし、ここで問題になるのが、「誰がどのセルを編集するか」ということです。




 

各ユーザーの編集箇所が管理がなされていなければ、同時に全く同じセルを編集してしまうことになります。

そこで、必要になるのが、セルのロックです。

各ユーザーが、自分の領域だけを編集するように、それぞれロックをかけます。

そのためのプログラムが「共有シート」というソフトです。

「共有シート」を使えば、複数のユーザーが同時にエクセルファイルを編集することができ、さらに、各ユーザー毎にセルのロックをかけることが出来ます。

ここでは、「共有シート」の使い方をご説明致します。

プログラムの起動

共有シート24
デスクトップにあるアイコンからプログラムが起動します。

メインメニュー

共有シート23
起動時には、メインメニューが表示されます。一度メニューを閉じてしまっても、メニューは表示できます。

データの編集

USER1の画面

共有シート20
黄色に塗られた場所が、自分の編集領域です。上の画像は、例)「USER1」でログインした画面です。

データの入力

共有シート19
黄色部は、データ編集を行えます。データを入力して下さい。

USER2の画面

共有シート21
これは、例)「USER2」でログインした画面です。

黄色に塗られている領域が異なります。黄色部以外は、ロックがかかっており、編集することが出来ません。
(※見づらい場合は、クリックして拡大)

編集ロック

共有シート22
自分の編集領域以外は、ロックがかかっています。

データ同期

共有シート04
編集を終えたら、「データ同期」ボタンを押して下さい。

自分のデータを送信し、他の最新情報を受信します。

メニューの表示

共有シート02
エクセル下部にある、「メインメニュー」シートを選択して下さい。

共有シート03
かんたんなメニューが表示されます。
「ポップアップメニュー」を押すと、常にメニューを表示できます。

共有ファイル(データ)の場所

共有シート06
メインメニューの「システム設定」から。
共有シート27
または、

共有シート14
エクセル下部にある、「システム設定」シートを選択して下さい。
共有シート16
システム設定>ユーザー設定>共有ファイル名にパスを入力して下さい。

ファイル名」まで書くと、起動時にその共有ファイルを開きます。

フォルダパス」までなら、起動時にファイルを選択できます。

他のシートを開く

共有シート05
複数のシートがある場合に使います。
開いているシートを切り替える事ができます。
これを使うには、共有ファイル名を「フォルダパス」までにしておく必要があります。

ユーザーの管理

ユーザー名

共有シート17
どのユーザーでログインするかを設定できます。

最大ユーザー数

共有シート18
共有するユーザーの最大人数を設定できます。
無料版は、2ユーザーまで。製品版は、最大100ユーザーまでです。
(※環境により、実務レベルのパフォーマンスを発揮できない場合がございます。その際は、お問合せ下さい。)

ロック領域設定

共有シート25

共有シート26
共有シート10
各ユーザー毎のロック領域を設定します。
基本的には、全く同じセルを2人以上のユーザーが編集可能であることは、不適切です。

パスワード設定

共有シート09
各ユーザー毎のログインパスワードを設定できます。
パスワードを設定していない場合は、起動時にログイン情報を入力せずに、すぐにメニューが表示されます。

ヘルプ

共有シート08
メインメニュー下部の「ヘルプ」を押すと、このページが表示されます。

システム終了

共有シート07
メニューからきちんと終了して下さい。
他のエクセルファイルを閉じずに終了する場合は、「Excelを終了する」のチェックを外して下さい。

 

エクセル共有シートは、こちらからダウンロードしてください。

bt01_on

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)