パソコンのスピードが遅くなったときの対応策の順番は?

Windows8.1タブレットが、すごく遅くなっていたので調べてみました。

 

遅くなったときに、チェックすることは次のことです。

1.タスクマネージャーを起動します。

2.CPUに負荷が掛かっているのか、どのソフトによる負荷なのかをチェック。

3.ハードディスクの空き容量をチェック。

 

20150524_1

タスクマネージャを起動したら

次にチェックすることは、どのソフトがCPUに負荷を与えているかを確認しましょう。詳細タブを見るとどのソフトがCPUに負荷をかけているのかが、わかります。

 

不要なソフトは、終了してください。

20150606_1

 

次にチェックすることは、ディスクの空き容量のチェック

エクスプローラを起動してCドライブのプロパティを表示してください。

ディスクの空き容量が表示されます。

 

できれば、空き容量は10GB程度必要です。

20150524_1

 

[ディスクのクリーンアップ]を実行してください。

20150606_3

 

少々時間がかかる場合がありますが、気長に待つと下のような画面が表示されます。

20150606_2

 

特に溜まっているのが、「一時ファイル」です。一時ファイルとは、プログラムを実行するために一時的に作成した作業用ファイルです。削除しても問題ありません。

このファイルが結構溜まってディスクの容量を占有している場合が、多いようです。

 

今回は、実行前に「一時ファイル」の容量は25GBありました。

[OK]を押して、[ファイル削除]を実行します。

20150606_4

 

今回は、ディスク空き容量が1.5GBしかないことがパソコンのスピードが遅くなっていた原因でした。「ディスクののクリーンアップ」を表示して、不要なファイルにチェックを付けて[OK]を押してください。

 

定期的な Windows Update が原因の場合もあります

パソコンを起動したら、何もしていないのに CPU が30%以上も動作している場合があります。こんな時は、とにかく放置しておいてください。

 

バックグラウンドで動作しているプログラムがあります。

1.Windows の更新プログラム

2.Backup や Recovery 処理プログラム

20150607_1

 
通常は、10%程度のバックグラウンド処理はありますので遅いときはタスクマネージャーのパフォーマンスを表示しながら、とにかく放置です。

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-03-TSJ93_dekopin20150208144726500-thumb-1000xauto-12188

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)